韓国の地下鉄に乗るときに便利!「t-money」カードを簡単に買う方法。かわいいデザインも多い!

韓国で移動する手段のひとつに、安くて便利な地下鉄があります。

韓国には、日本でいう「Suica」や「ICOCA」と同じようなICカード「t-money」があり、これを持っておくとラクに地下鉄に乗れて便利。

最初は購入するのに迷うかもしれませんが、実はすごく簡単。「t-money」カードの購入方法・チャージ方法をまとめました。

まずは「t-money」カードを購入

「t-money」カードを使うには、まず自販機などで「t-money」カードそのものを購入する必要があります

だいたい、券売機の近くにこういった自販機が置いてあります。

1枚4,000ウォン(約400円)で販売されているので、右側にあるお札投入口からお金を入れます。

番号を入力するように言われるので、販売されている中から番号を押します(自販機によってはすべて同じデザインということもあります)。

箱に入った「t-money」カードが出てくるので、これでまずは購入完了です。

▼「コネスト 韓国地下鉄路線図」の無料アプリを入れておくと、乗り換えが簡単に調べられて便利!

「t-money」カードにチャージ

「t-money」カードを入手できたら、次にお金をチャージします。

最初は韓国語のみの画面ですが、英語・中国語・日本語での表示に変えることができるので、日本語を選びます。

日本語の表示に切り替わりました。これで、チャージしやすくなります。

「交通カードチャージ」を選び、金額を選びます。

こまめにチャージしたい方は1,000ウォン(約100円)から、まとめてたくさんチャージしておきたい方は10,000ウォン(約1,000円)から。

韓国の地下鉄は一般的に日本より安いので、あまり多くチャージしすぎない方がいいかもしれません。

金額を選び、お金を入れ、チャージ完了まで待ちます。この画面は日本と同じ感じですね。

今回は、少なめに3,000ウォン(約300円)をチャージ。完了したら、この画面になります。記録しておきたい方は、左の「領収書」ボタンを押してください。

これで「t-money」へのチャージ完了です。行く先々でも同じようにチャージができるので、一度しておくとあとがラク。

「t-money」カードはデザインも様々

「t-money」カードは自販機をはじめコンビニなどでも販売されていますが、デザインがかなりの数あります。

今回は、LINE FRIENDS(ラインフレンズ)のキャラクターにしました。

「t-money」を自販機で購入すると、箱に入った状態で出てきます。この時点ですでにかわいい!

箱の中に、説明書のようなもの(?)と「t-money」カードが入っています。韓国の民族衣装を着たキャラクターのデザイン。

今は、好きなアイドルの写真で「t-money」カードが作れる機械があったりと、バリエーションが増えています。

「t-money」を初めて購入する方は、今回ご紹介した方法を参考にしてみてください。次にもまた使えるうえ、韓国旅行の記念にもなります☺️

あなたにおすすめ

所要時間約35分!金浦空港から明洞への地下鉄・電車での移動方法を詳しく教えます 安いのに容量無制限!韓国旅行に必要なWi-Fiは現地でのレンタルがおすすめ。コネストで簡単に予約 初めての人も必見!韓国旅行に行くときの持ち物リスト。おすすめの持ち歩きカバンも✔️