楽天トラベルでお得なプランを探す✈︎

石焼ビビンバといえば「全州中央会館 明洞本店」!野菜たっぷりな老舗の逸品は外せない

日本でもメジャーになった、韓国料理を代表するひとつなのが石焼ビビンバ。

アツアツの石焼に入ったビビンバを混ぜて、焦げを作って香ばしさとともにいただく、外せない韓国料理です。

その石焼ビビンバの発祥のお店といわれているのが「全州中央会館」。アクセス便利な明洞にも「全州中央会館 明洞本店」があり、いつも多くの人で賑わっています。

「全州中央会館 明洞本店」について、メニュー・値段、お店の場所・行き方(入り口)、感想などを詳しくブログにまとめました。

「全州中央会館 明洞本店」のメニュー

石焼ビビンバの発祥のお店といわれている「全州中央会館」には、看板メニューの石焼ビビンバをはじめ、様々な韓国料理が並びます。

  • 石焼ビビンバ
    10,000ウォン
  • 豚肉石焼ビビンバ
    10,000ウォン
  • 生肉ビビンバ
    23,000ウォン
  • あわび石焼ビビンバ
    20,000ウォン
  • 人参参鶏湯(サムゲタン)
    15,000ウォン
  • あわび参鶏湯(サムゲタン)
    25,000ウォン
  • 牛肉と野菜スープご飯付
    8,000ウォン
  • 味噌鍋(ご飯付)
    8,000ウォン
  • ヤーコン水冷麺
    7,000ウォン
  • ヤーコン辛ビビン冷麺
    7,000ウォン
  • 豚肉炒め
    27,000ウォン
  • 豚プルコギ
    30,000ウォン
  • 豚肉白菜と包み
    30,000ウォン

これら以外にもまだメニューはありますが、やはりメインとなるのがビビンバ。

お店では、名物の石焼ビビンバを味わっている方がほとんどでした。

おすすめはやっぱり石焼ビビンバ

「全州中央会館」に行ったら欠かせないのが、やはり石焼ビビンバ。

具沢山で、色鮮やかな野菜がたっぷり入っています。ごはんメニューとは言えども、これだけ一度に野菜を摂れてヘルシー

アツアツのうちにしっかり混ぜて、器にごはんを広げて焦げができるまで少し待ちます。

香ばしい匂いとともに、熱いうちにいただきます。オリジナルのコチュジャンで辛すぎない甘辛さがいいアクセント

足りない場合は、お願いすると追加でもらえるので、自分好みの辛さにアレンジしてみるのもおすすめです。

石焼ビビンバには、それだけでなくパンチャン(おかず)もついています。石焼ビビンバに追加でトッピングして味わうのもよし、これだけで味わうのもよし。

ほっとするスープも。石焼ビビンバからスープまで、身体が喜ぶものをたっぷり摂れて、なおかつおいしいので一石三鳥なほどです。

「全州中央会館 明洞本店」の場所・入口

「全州中央会館 明洞本店」は、ちょっとわかりにくい場所にあります。実際に私も行く前は、たどり着けるかどうかが心配でした。

わかりやすい行き方は、まず「ホテルスカイパーク明洞Ⅰ」を目指していきます(1階は「SPAO」)。

そのビルの右端に、狭い通路があります(見落としがちになるほど、ビルとビルの間)。

狭い道を通って行くと、「全州中央会館 明洞本店」の入り口に着きます。

大通りにも看板が出ているので、注意しながら進んで行くとわかるはず!

「全州中央会館 明洞本店」まとめ

  • 明洞の中心エリアにあって行きやすい(お店の場所は若干わかりにくい)
  • 石焼ビビンバ発祥のお店といわれている老舗の名店
  • 具沢山で本場の石焼ビビンバが味わえる
  • 石焼ビビンバの値段は10,000ウォンから
  • ローカルな雰囲気やアジュンマなど韓国の食堂の雰囲気を味わえる

韓国に初めて来た方はもちろん、リピーターにもおすすめの「全州中央会館 明洞本店」。

日本人だけでなく、いろんな国の人が名店の石焼ビビンバを求めてやって来ます。

朝ごはんにもランチにも、そして夜ごはんにも。どの時間帯にも食べやすい石焼ビビンバを、本場の「全州中央会館 明洞本店」でぜひ。

全州中央会館 明洞本店

[ 場所 ]

ソウル特別市中区忠武路1街24-11

[ 営業時間 ]

9:30~22:30(L.O.22:00)

[ 定休日 ]

なし

[ クーポン ]

クーポンを見る(コネスト)

[ 地図 ]

あなたにおすすめ

トッポッキ食べ放題の「トゥッキ」が楽しい!明洞でも気軽に行けるよ◎ 鉄板の朝食グルメ「神仙ソルロンタン」。自分好みの食べ方が楽しめる&キムチが美味! 朝食におすすめ!「イサックトースト」は明洞にもある大人気トースト店。安いのにボリューミー! ワッフルなら「BEANS BINS(ビーンズビンズ)」!明洞店はサボイホテルの2階で行きやすいよ